節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード

いまさら聞けないクレジットカードの基本、ポイントで損をしないための基礎知識

更新日:

もしクレジットカードをまだ持っていないなら絶対に作りましょう、支払い額の1%程度をポイントやマイルで取り戻せます。

既に持っている人も、よく考えずに使っていると、実は知らない間に損をしているかも…

自分に合った最適なクレジットカードは何か、改めて見直してみませんか?

クレジットカードを選ぶ戦略の基本を抑えましょう。

スポンサーリンク

テキスト

クレジットカードを持つべき理由

クレジットカードには、現金を持ち歩かなくて良い等、様々なメリットが有りますが、何がいちばん重要なポイントなのでしょうか。

ポイントが貯まる

やっぱり、一般的なサラリーマンにとって基本にして最大のメリットは、ポイントやマイルが貯まること。

JCB発表の「クレジットカードに関する総合調査」では下記のように述べられています。

クレジットカードの保有率は84.2%、平均保有枚数は3.2枚。
1番多く使うクレジットカードの理由TOPは「ポイント・マイルが貯めやすい」。

クレジットカード保有者の世帯あたり月平均生活費は18.2万円。
うち1/3以上はクレジットカードで支払われている。

上記の統計データどおりに考えると、18.2万円の1/3、6.2万円の1%、620円相当がポイントやマイルで戻ってくる計算になります。

また仮に、生活費のすべてをクレジットカードで支払えば、1%の1820円がポイントやマイルで戻ってきます。

また、実際にはカードの利用を工夫すれば、ポイントの還元率を1.5~2.0%に近づけることが可能ですので、
毎月3,000円程度を目標にポイントを貯めることが可能と言えます。

3,000円あれば少額ながら投資に資金を回すことも可能になってきますので、決して小さな金額ではありません。

クレジットカードは何枚持つべきか?限度と注意事項をまとめました

一般的なサラリーマンであれば、クレジットカードは1〜2枚は既にお持ちのことと思います。 ポイント還元や節約のためクレジットカードを活用しようとすると、どうしても多くのカードを持つことになります。 1〜 ...

続きを見る

支出を家計簿で管理できる

また、ポイントやマイルが貯まることに加え、現金よりも支出の管理が容易になることです。

といっても、カード会社のWebサイトや紙でクレジットカードの利用明細を眺めても、全体感が掴めず効果が上がりません。

自動家計簿アプリと連携させることで、自分のカードの利用傾向を把握し、計画的にクレジットカードを活用することが可能になります。

自動家計簿アプリ、MoneyForwardで計画的に節約しよう

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

続きを見る

Moneytreeは無料版でも高機能な万人向けの自動家計簿アプリ

Moneytreeは自動家計簿アプリの草分けで、日本のフィンテック業界のリーダー的存在。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文 ...

続きを見る

また、現金・クレジットカード・電子マネーの配分を考えることも重要で、事前に計画を練っておくことで、溜まったポイントを何に使うのか後で考えるのではなく、節約を目的としてポイントを目標額まで貯めることが容易になります。

海外旅行が多い人はその他のメリットも要チェック

ポイント以外でも、海外旅行やショッピングでの保険が付帯するもの、空港でのラウンジ利用が可能となるなど、旅行が多い人には様々なメリットがあります。

特に、航空系マイルを貯めている方などは、一般的なカードよりマイレージ機能が付いたカードがオトクなケースが多いため、目的に沿ってカードを選ぶのが重要です。

特に海外旅行が多い方は、スキミングなどのリスクが高まりますので、大手信販会社や航空会社系統のクレジットカードなど、セキュリティや関連サービスがしっかりしたものを選ぶと良いでしょう。

場合によっては、ポイントよりも安全を取ることも考えましょう。
(そもそも、海外旅行に頻繁に行けるような人は、ポイントはそこまで期待していないかも?)

クレジットカードブランドの選び方は?主要ブランドまとめ

Visa、Mastercard、JCBに代表されるクレジットカードのブランド。 はじめてのクレジットカードではブランドに迷っている方も、既に複数枚のカードを持っていて漠然と使っているという方も。 クレ ...

続きを見る

クレジットカードの選び方

クレジットカードには、社会的ステータスなど他にも考慮する点いろいろとありますが、ここではポイントをいかに貯めるかを最優先で考えます。

還元率から選ぶ

やはり大前提は、クレジットカードの利用で一定以上のポイントが貯まること、年会費が無料もしくは安いことです。

おすすめクレジットカードについてはこちらにまとめてあります。

サラリーマンにおすすめのクレジットカードとその選び方

世の中に星の数ほどあるクレジットカード、自分にあったカードはどのように選べば良いのでしょうか。 サラリーマンの家計を楽にする、おすすめのクレジットカードと選び方のポイントをまとめました。

続きを見る

メイン利用のポイントカードから決める

ポイントを効率良く貯めるには、自分が普段よく利用するリアルやネットの店舗、電子マネーなどクレジットカード以外でのポイント獲得もよく考慮して、メインのポイントカードやサービスを決め、それから相性の良いクレジットカードや電子マネーを選ぶのが基本です。

楽天市場でのネットショッピング、電子マネーの楽天Edyなど、楽天スーパーポイントとの相性が良い楽天カード。

楽天カードはポイントサイト経由の申込で更にポイントが貯まる

楽天カードマンでおなじみ、顧客満足度調査No.1の楽天カードは、申し込みも簡単で年会費も無料。 キャンペーンで楽天スーパーポイントが基本の還元率1%以上にざくざく貯まる便利なカードです。 楽天カードは ...

続きを見る

ファミマ、Yahooショッピングやソフトバンクとの相性が良いファミマTカード。

ファミマTカードはTポイントがどんどん貯まるファミマ利用者必携のカード

ファミマTカード(クレジットカード)はポケットカードが発行するクレジットカードです。 入会金・年会費無料で、その名の通りファミリーマートでの買物がお得になる他、Tポイントと相性の良い便利なクレジットカ ...

続きを見る

Yahoo!ジャパンカードもTポイントとの相性が良いカードです。

Yahoo!JAPANカードは年会費無料でTポイントが貯まる高還元率クレジットカード

Yahoo! JAPANカードは、年会費無料でTポイントが還元率1.0%で貯まるお得なクレジットカードです。 特にYahoo!ショッピングやロハコなど、ソフトバンク系列サービスでの利用なら更にポイント ...

続きを見る

dカードはdポイントやローソンでのポイント還元が魅力。

dカードはdポイントがどんどん貯まるクレジットカード、ポイントサイト経由の発行で更にポイントが貰える

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、Visa/Mastercardのいずれかのブランドが選べます。 ドコモユーザーでなくても、ローソンが最大5%お得になる他、dポイントがどんどん貯まる脅威の ...

続きを見る

こうしたクレジットカードもポイントサイト経由でのカード発行でポイントを得ることができます。
(特に年度末などキャンペーン中は5000円〜7000円相当のポイント等が貰えることも)

ポイントサイトについてはこちらに詳しくまとめてあります。

【2019年版】最も稼げるポイントサイトは?50サイト超レビュー、目的別利用ガイド

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

続きを見る

電子マネーとの相性から選ぶ

各種電子マネーへのチャージにクレジットカードを利用するとポイント還元が受けられます。

組み合わせが決まっており、チャージでポイントが得られないケースも有るため注意が必要です。

ポイントだけじゃない、電子マネーのお得なメリットと真価

Suica/PASMO、楽天Edy、nanaco、WAONなど、電子マネーの登場から10年以上が経過し、そのメリットがいよいよ現実的なものになってきました。 通勤でコンビニ利用が多いサラリーマンには今 ...

続きを見る

また、おサイフケータイやApple PayでiDやQUICPayとして利用する方法も。

便利でお得、QUICPayについて知っておくべきこと

Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー ...

続きを見る

便利・お得な電子マネーiDについて理解しておくべきこと

タッチで支払いが可能な電子マネー、 iDの普及が進んできました。 かつてはドコモのおサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、近年は誰でも利用可能な便利なサービスになって ...

続きを見る

iDとQUICPayの違いは何?

おサイフケータイやApple Payで使える電子マネー、iDとQUICPay。 両者の違いは何で、どちらを選べばよいのか比較してみました。 iDとQUICPayの違いをいくつかのポイントから見ていきま ...

続きを見る

まとめ:現金でなくクレジットカードを使おう

消費者の側から見れば、同じ金額でもクレジットカードを使えばポイントが貯まるため、現金で払うのは実質的には損をしていると見ることができます。

いっぽうで、クレジットカードでの決済を導入しているお店は、クレジットカードを使われる度に数%の手数料を取られています。

その一部がカード所有者にも還元されているというわけですが、お店にしてみれば損です。

では、お店にとっては現金のほうが嬉しいのでしょうか? というと、一概にそうとも言えないでしょう。

利用客の間口が広がること、キャッシュレス化で受けられる様々なメリット(盗難の心配がない、従業員の手間が減る、履歴や収益の管理が容易などなど)を考えれば、手数料がかかるから駄目、とは一概には言えない部分もあるでしょう。

中には、手数料が取られるクレジットカードでなく現金で払うのが店への礼儀だ、というようなことを言う人もいますが、
本当にそうだったら、そういうお店はそもそもクレジットカードを導入しないという選択肢があるわけで…

いずれにしても、社会のインフラとしてのクレジットカード決済、そこからのポイント還元という仕組みが既にできあがっている以上、一消費者としては難しく考えずに恩恵に預かるべきと考えます。

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトで、日用品からギフトまで幅広い品揃えと、アスクル仕込の配達の速さと時間指定サービスに定評があります。 Yahoo!系列でソフトバンクユー ...

-クレジットカード

Copyright© サラリーマンズギルド , 2019 AllRights Reserved.