節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

電子マネー

ポイントだけじゃない、電子マネーのお得なメリットと真価

更新日:

Suica/PASMO、楽天Edy、nanaco、WAONなど、電子マネーの登場から10年以上が経過し、そのメリットがいよいよ現実的なものになってきました。

通勤でコンビニ利用が多いサラリーマンには今や無くてはならない存在ですが、残高が見えない、プリペイドはチャージが面倒、ポストペイは利用し過ぎが怖い…などなど、従来のイメージを引きずり、まだまだ利用に後ろ向きな人も多いのでは。

電子マネーを有効に活用するのは労力が必要ですが、それでも電子マネーの利用をおすすめする理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

電子マネーのメリットは?

従来、電子マネーの主なメリットとして挙げられてきたものは、下記の3つです。

  1. 小銭を使う煩わしさが無い
  2. 利用する度にポイントが貯まる
  3. 使用した履歴が管理できる

ただ実際は、完全に小銭や現金を持ち歩かずに暮らすことはまだまだ制限や不安が多く、またせっかくのポイントも、複数の電子マネーに分散して貯まってしまいがちです。

忙しい人でも支出を管理できることが最大のメリット

忙しいサラリーマンへの最大のメリットは、時間を掛けずに支出を管理できることでしょう。

以前から電子マネーは履歴管理ができると言われており、ポテンシャルとしては優秀でした。

ただ、履歴を見るにはパソリなどのカードリーダーとPCが必要だったり、持っていない場合は駅やコンビニの端末を利用するしかなく、一応は履歴を見られるだけだったのも事実。

それが、フィンテックという言葉が誕生し、その一例として、いわゆるクラウド(自動)家計簿が台頭してきた今日、電子マネーをいつ何にどれだけ使ったのか、半自動的にスマホで管理できるようになりました。

自動家計簿アプリ、MoneyForwardで計画的に節約しよう

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

続きを見る

Moneytreeは無料版でも高機能な万人向けの自動家計簿アプリ

Moneytreeは自動家計簿アプリの草分けで、日本のフィンテック業界のリーダー的存在。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文 ...

続きを見る

逆に、家計簿にいちいち利用を手で入力しなければならないと考えると、現金支払いが、最も管理が難しいブラックボックス的な決済方法になってしまったと言えます。

また、この自動管理によって、忙しい人でも複数の電子マネーを使い分け、支出を管理しながらポイントを有効活用することが可能になってきています。

電子マネーが現金より優遇されている事実

電子マネーの利用やさまざまなキャンペーンでポイントが溜まったり、消費者目線では、決済手段としての電子マネーは現金よりも価値が高い状態です。

もともと、チャージや利用開始の手間などがある電子マネーは、本質的に現金より利用が面倒なもの。支払いや管理の簡略化というメリットが有る企業側、また競争が激しくなる中で自社電子マネーの囲い込みを促進したい運営会社が、利用拡大のために一定のお金を支払うという構図は当面続くと思われます。

ただ、電子マネーの利用シーンはコンビニなど小額決済が基本となるため、無意識に使っているだけでは貯まる額もごく少量になってしまいます。

結果的に、そのポイントを有効期限内に消費しようとして、もったいない精神で逆に出費が多くなってしまうことも。

どの電子マネーをどのお店で月々いくらぐらい使うか、計画的に利用することで節約に役立てましょう。

クレジットカードでのチャージで0.5~1.2%のポイントを貯める

特にプリペイド型の電子マネーは、特別な理由がない限りは現金でチャージするのはもったいないチョイス。

クレジットカードでチャージをすればポイントが貯められるからです。

チャージでポイントが付くクレジットカードは減少傾向にあるものの、主要なものだけでも電子マネー別に下記のような選択肢があります。

 クレジットカード Suica 楽天Edy WAON nanaco
リクルートカードVISA 1.2% 1.2% - 1.2%
リクルートカードJCB 1.2% - - 1.2%
楽天カード 1.0% 0.5% - 1.0%
View Suicaカード  1.5% - - -
イオンカードセレクト 0.5% - 0.5% -
サラリーマンにおすすめのクレジットカードとその選び方

世の中に星の数ほどあるクレジットカード、自分にあったカードはどのように選べば良いのでしょうか。 サラリーマンの家計を楽にする、おすすめのクレジットカードと選び方のポイントをまとめました。

続きを見る

電子マネー利用時に0.5~1.0%のポイントを貯める

チャージした電子マネーの利用でもポイントが溜まり、クレジットカードの利用と合わせて二重取りや三重取りが可能になります。

楽天Edyはほぼすべてのコンビニなど、対応店舗の広さが嬉しい電子マネーの草分け。

楽天Edyは普段の支払いを1%以上節約できる便利な電子マネー

独立系電子マネーの草分け、楽天Edyは使える場所の多さもナンバーワン。 Suica、nanaco、WAONなど選択肢が広がった中でも、楽天Edyは利用シーンの多い強力な電子マネーです。 既に利用してい ...

続きを見る

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーでの理容のほか、有名な税金支払のテクニックなどをうまく活用しましょう。

nanacoは現金より1%お得な電子マネー、税金の支払いでもポイントが貯まる

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人おすすめの電子マネーです。 使える場所の広さ、nanacoポイントの貯まりやすさ、またnanacoでしかできない税金の支払いなど、一般的な ...

続きを見る

WAONはイオン系列でお得に使える他、JALマイレージとの相性が抜群。

WAONを活用して1%以上のポイントを貯めよう

WAONはイオン系列のスーパーやファミマ、ローソンでの利用、またJALマイルとの相性も良い使いやすい電子マネーです。 WAONポイントとWAON POINT、JMB WAONカードなど、複雑な仕組みを ...

続きを見る

SuicaやPASMOといった交通系電子マネーも通勤路や定期券と併せて上手に使いましょう。

電車だけじゃない、Suicaは現金より1.5%以上お得な電子マネー

  交通系電子マネーとして有名なSuicaは、他の交通系電子マネーとの相互互換で、利用シーンが多岐にわたります。 Suicaポイントも登場し、便利なだけでなくお得に使う方法も広がってきました ...

続きを見る

PASMOはクレジットカードとの組み合わせでお得に

PASMOは交通系電子マネーとしてSuicaとともによく知られるものの一つで、他の交通系電子マネーとの相互互換で、利用できる場所は多岐にわたります。 電子マネーとしてお得に使うにはクレジットカードの組 ...

続きを見る

また、おサイフケータイとしての理容でさらにポイント還元などお得に使える場合も。

おサイフケータイ、Apple Pay、Android Payの違いとお得な活用方法

iPhone7の登場とともに、iPhoneユーザー待望のApple Payが利用可能になりました。 従来のおサイフケータイに加えAndroid payも登場し、ユーザの選択肢が増えるとともに利用が複雑 ...

続きを見る

iD、QUICPayもポストペイ型だけではない

チャージによるプリペイド型の電子マネー以外に、iD・QUICPayというポストペイ型から進化した規格があります。

両者の違いはこちらにまとめてありますが、クレジットカードによって自動で決まり、利用者の目線ではあまり大きくは変わりません。

iDとQUICPayの違いは何?

おサイフケータイやApple Payで使える電子マネー、iDとQUICPay。 両者の違いは何で、どちらを選べばよいのか比較してみました。 iDとQUICPayの違いをいくつかのポイントから見ていきま ...

続きを見る

iDはドコモが推進する規格で、対応しているクレジットカードとしてはdカードがその代表格です。

便利・お得な電子マネーiDについて理解しておくべきこと

タッチで支払いが可能な電子マネー、 iDの普及が進んできました。 かつてはドコモのおサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、近年は誰でも利用可能な便利なサービスになって ...

続きを見る

dカードはdポイントがどんどん貯まるクレジットカード、ポイントサイト経由の発行で更にポイントが貰える

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、Visa/Mastercardのいずれかのブランドが選べます。 ドコモユーザーでなくても、ローソンが最大5%お得になる他、dポイントがどんどん貯まる脅威の ...

続きを見る

QUICPayはJCB等が推進する規格で、JCBブランドのカードやオリコカードなどが対応しています。

便利でお得、QUICPayについて知っておくべきこと

Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー ...

続きを見る

いずれも、クレジットカードだけではなくデビットカードやプリペイドカードにも対応が広がったことで、申し込みの敷居が低くなり電子マネーとしての利便性も上がっています。

高還元率のオリコカードザポイントは誰でもお得なお勧めクレジットカード

オリコカードは長瀬智也さんのCMでもおなじみ、最大手オリエントコーポレーションが発行するクレジットカード。 さまざまなカードラインナップの中でも、Orico Card THE POINT(オリコカード ...

続きを見る

まとめ:電子マネーで支出の1〜2%をポイントで回収、さらなる節約

電子マネーの利用形態は登場時から格段に進歩し、今や使える局面で使わず現金を使っている人は、実質的に損をしている時代です。

今後も利用局面が拡大する中、ますます運営会社の競争は激化し、消費者の囲い込みのために様々なプロモーションやキャンペーンを行ってくると考えられます。

消費者としてもそうした企業側の戦略に上手く乗り、メリットを享受していきましょう。

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトで、日用品からギフトまで幅広い品揃えと、アスクル仕込の配達の速さと時間指定サービスに定評があります。 Yahoo!系列でソフトバンクユー ...

-電子マネー

Copyright© サラリーマンズギルド , 2019 AllRights Reserved.