節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード 電子マネー

iDとQUICPayの違いは何?

更新日:

おサイフケータイやApple Payで使える電子マネー、iDとQUICPay。

両者の違いは何で、どちらを選べばよいのか比較してみました。

iDとQUICPayの違いをいくつかのポイントから見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

iDとQUICPay

iDはNTTドコモが運営する決済(電子決済)サービスのブランド、QUICPay(クイックペイ)は、JCBが提供する決済(電子決済)サービスで、一般にはポストペイ型の電子マネーとして知られています。

楽天Edy、nanaco、WAONといったプリペイド型の電子マネーに比べ、チャージの手間が不要で、大きな額の決済にも利用できるのがその特徴。

ポイントだけじゃない、電子マネーのお得なメリットと真価

Suica/PASMO、楽天Edy、nanaco、WAONなど、電子マネーの登場から10年以上が経過し、そのメリットがいよいよ現実的なものになってきました。 通勤でコンビニ利用が多いサラリーマンには今 ...

続きを見る

いずれもソニーのFeliCaを採用したプラットフォームで、提携会社が発行するクレジットカード・プリペイドカード・デビットカード等の会員向けサービスとなっています。

おサイフケータイでの利用が有名ですが、最近のApple Payでの対応もあって、利用シーンが格段に増えてきました。

ユーザから見た場合には、両者の間に仕様上の大きな違いは見当たりませんが、いくつかの視点から違いを見ていきましょう。

便利・お得な電子マネーiDについて理解しておくべきこと

タッチで支払いが可能な電子マネー、 iDの普及が進んできました。 かつてはドコモのおサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、近年は誰でも利用可能な便利なサービスになって ...

続きを見る

便利でお得、QUICPayについて知っておくべきこと

Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー ...

続きを見る

利用シーンと普及度

電子マネーとしての使いやすさの目安として、iDやQUICPayがどれだけ普及しているかを見てみましょう。

発行部数には大きな差も、利用可能店舗は大差なし

2016年時点の両者の発表を見ると、会員数や決済端末台数は下記のとおりです。

QUICPayは会員数でiDを大きく下回ります、iDはおサイフケータイでの対応がドコモのみであることを考えれば、意外な結果に見えます。

QUICPay陣営が今後どのように巻き返すのか、現状も様々なキャンペーンが実施されていますが、今後の動向に注目したいところです。

iD
(2016年12月末現在)
QUICPay
(2016年9月末現在)
会員数 2,357万人 489万人
決済端末台数 67万9,000台 50万8,000台

対応するクレジットカードの陣営は異なる

iDはVisaブランド、QUICPayはJCBブランドのクレジットカードが主に対応しています。

アメリカン・エキスプレスはQUICPay、Mastercardは両対応のものもあります。

両方とも使えるカードブランドもあり、オリコカード、セゾンインターナショナルカード、UCカード、セディナカードなどがあります。

iD QUICPay
いずれかに対応しているカード
  • イオン銀行
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • DCMXカード
  • ペルソナSTACIAカード
  • ポケットカード
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ライフカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • アプラス
  • JCB
  • セブン・カードサービス
  • トヨタファイナンス
  • 日専連
  • UCSカード
  • 三菱UFJニコス
両方に対応しているカード
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • セディナ
  • UCカード

コンビニ・大手スーパーでは両者対応が主流

日常よく使う店舗となるコンビニ、スーパー、ドラッグストア等では代表的なブランドでは両対応が主流となっています。

細かく見るとiDのほうが対応店舗が若干広いようですが、実用上は大きな差は無いと考えて良いでしょう。

分類 対象店
コンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート、サークルKサンクス
  • ローソン(ローソンストア100、ローソンマート等含む)
  • ミニストップ、ポプラ、生活彩家等
スーパー
  • イトーヨーカドー(ヨークベニマル等アイワイグループ含む)
  • イオン(イオングループ含む)
  • ドン・キホーテ
  • アピタ、ピアゴ、平和堂等
ドラッグストア
  • くすりの福太郎
  • ココカラファイン
  • セイジョー
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグセガミ
  • ドラッグユタカ

利用形態

いずれも利用の形態にも大きな違いはありません、おサイフケータイやApple Payへの対応、またクレジットカード一体型などはほぼ同等です。

ただしiDについては、おサイフケータイはドコモのみ対応となっており、他キャリアのユーザには少々残念。Apple Payであればauやソフトバンクでも利用できます。

 形態 iD QUICPay
おサイフケータイ
(ドコモのみ)
Apple Pay
クレジットカード一体型
その他の形状

いっぽうのQUICPayは、コイン型・キーホルダー型など様々な形状のトークン発行に力を入れています。

JCBによると利用は好調とのことですが、キーホルダータイプなどは失くしてしまいそうで少々怖いところもあります。

実質はクレジットカードで、ポストペイで大きな決済も可能なため、利用には注意が必要でしょう。

またQUICPay(nanaco)も面白い存在です、ポイント二重取りばかりが紹介されていますが、nanacoとQUICPayが一枚にできることに、ポイント還元以上の価値を持たせられるかが注目されます。

お得度

iDもQUICPayも、その決済方式自体に独自のポイント等のお得な制度がついているわけではないため、基となるクレジットカード等のポイント制度に頼る形になります。

会員数を伸ばすため、各社キャンペーン等の勢いのあるカードを利用するのがオトクな使い方となります。

iDではdカードが強く、ローソンでの実質5%引きを始め、dポイントがざくざくたまるドコモユーザには非常に相性の良いカード。

dカードはdポイントがどんどん貯まるクレジットカード、ポイントサイト経由の発行で更にポイントが貰える

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、Visa/Mastercardのいずれかのブランドが選べます。 ドコモユーザーでなくても、ローソンが最大5%お得になる他、dポイントがどんどん貯まる脅威の ...

続きを見る

またQUICPay(nanaco)は、セブンイレブン等での利用でクレジットカードとnanacoのポイントの二重取りができます。

nanacoは現金より1%お得な電子マネー、税金の支払いでもポイントが貯まる

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人おすすめの電子マネーです。 使える場所の広さ、nanacoポイントの貯まりやすさ、またnanacoでしかできない税金の支払いなど、一般的な ...

続きを見る

オリコカードはiD・QUICPay双方に対応し、基本の還元率が1%とスキのないカードとなっています。

高還元率のオリコカードザポイントは誰でもお得なお勧めクレジットカード

オリコカードは長瀬智也さんのCMでもおなじみ、最大手オリエントコーポレーションが発行するクレジットカード。 さまざまなカードラインナップの中でも、Orico Card THE POINT(オリコカード ...

続きを見る

まとめ:iDかQUICPayかは、クレジットカードに合わせて選ぶ

基本的に、生活圏などでよく使うお店がiDかQUICPayいずれかのみ対応という場合を除いては、全体としては普及度に大きな差はないため、方式の違いで選ぶ意味はほぼありません。

(おサイフケータイの所有者で、キャリアがauやソフトバンクの場合は、QUICPayを利用するしかありませんが)

そのため基本的には、利用している、あるいは利用したいクレジットカードが対応している方式を選ぶことになります。

現時点だけを見れば、普及に力を入れているQUICPayのほうがキャンペーン等で少々優位に見えますが、いつまでこの状態が続くかはわかりません。

通常のクレジットカード同様、複数のクレジットカードを持つことで、どこでも使えるようiD・QUICPayと一枚ずつ持っておくことも一つの手段です。

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトで、日用品からギフトまで幅広い品揃えと、アスクル仕込の配達の速さと時間指定サービスに定評があります。 Yahoo!系列でソフトバンクユー ...

-クレジットカード, 電子マネー

Copyright© サラリーマンズギルド , 2019 AllRights Reserved.