節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード 電子マネー

LINE Payカードは還元率2.0%の最強チャージ式プリペイドカード

更新日:

LINE Payカードは、LINE Pay株式会社が発行するJCBブランドのチャージ式プリペイドカードです。

手数料や年会費がかからず、プリペイドカードなのに決済上限が100万円と高機能。

LINE Payカードをお得に使う方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

LINE Payカードでの2%バックはすでに終了

2017年途中まで、LINE Payカードで支払いを行うと2%のLINEポイント還元が受けられるキャンペーンが実施されていました。

ファミマTカードでのチャージとの合わせ技で最大3%還元が話題となりましたが、残念ながら本キャンペーンはすでに終了しています。

参考:LINE pay 2% 終了 - Google 検索

LINE Payカードとは

LINE PayカードはLINE Payの決済方法の一つとして提供される、LINE Pay株式会社が発行するJCB提携のチャージ式のプリペイドカードです。

JCB提携カードと言っても、LINE Pay カードはクレジットカードではないため、申込時の審査や年齢制限がありません。

また、本人確認処理を済ませている場合は決済金額の上限も100万円までと、高額な買い物も問題なく可能になります。

au WALLETプリペイドカードなどは10万円までの上限が設定されているため、同種のカードと比較しても強力なカードになっています。

au WALLETクレジットカードはプリペイドカードと組み合わせて高還元率に

au WALLETクレジットカードは、auユーザ向けのWALLETポイントが貯まるクレジットカードです。 同じくKDDIグループが提供する「au WALLETプリペイドカード」や「じぶん銀行」との組み ...

続きを見る

LINE Payとは

LINE PayはLINE株式会社が提供するモバイル送金・決済サービスで、加盟店での買い物や、LINEの友だち間での送金や割り勘ができるようになります。

LINEを既に利用していれば、パスワードを設定するだけで簡単に登録が完了し、複雑な会員登録の手続きはありません。

  • QRコード・バーコードで便利に支払いが可能で、オンライン決済にも対応。
  • 利用額に応じて還元率0.5%以上でLINEポイントが貯まる
  • 今ならコード決済で更に+3%、合計3.5%以上のポイントが貯まる

LINE Payについて、詳しくはこちらにまとめてあります。

LINE Payは便利でオトクな「スマホのおサイフサービス」LINEで送金・割勘も

LINE PayはLINEが提供する決済サービスで、チャージした残高でLINE Pay加盟店での支払いや、LINEの友だちへ送金や割り勘ができます。 以前からサービスは提供されていましたが、2018年 ...

続きを見る

LINE Payカードの申込方法

LINE Payカードは、発行のための手数料や年会費はかかりません。

QRコードのスキャンなどでWebサイトにアクセスし、好きなカードデザインを選んで、名前と住所を入力して申込みます。

1~2週間でLINE Payカードが手元に届き、セキュリティコードを入力して利用開始手続きを行えば準備完了。
(セキュリティコードはカードの裏面の署名欄に印字された数字の末尾3桁の数字)

LINE Pay カードは、事前にLINE Payの残高にチャージする、プリペイドタイプのJCB提携カードです。

(コンビニ等で購入できるLINEプリペイドカードというものもありますが、LINE Payカードとは別物)

チャージの手間はかかるものの、使いすぎの心配がなく、JCBのクレジットカードと同様に利用できます。

コンビニやスーパーなど、国内外のJCB加盟店約3,000万の店舗で利用ができ、インターネットでもクレジットカード扱いで利用可能です。

JCBのクレジットカードと全く同等かと言うと、本人確認前(LINE Cashアカウント)の場合は海外店舗では利用できない、3Dセキュアに対応していない、本人認証サービスJ/Secureに対応していないなどいくつか制約があります。

また最大の特徴として、LINE Payカードの利用金額100円ごとに2ポイント(還元率2%)が貯まります

貯まったポイントは、1ポイント1円相当としてLINEのサービスに利用できる他、1000ポイントからLINE Pay残高に交換できます。

また、レートはやや悪くなりますが、Amazonギフト券やnanacoポイントなどに交換することも可能です。

LINE Payへのチャージとポイント二重取りの方法

LINE Pay残高へのチャージは、以下の6通り。

  • 銀行振込
  • コンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマート)
  • Pay-easy
  • オートチャージ
  • チャージ専用口座

上記のチャージ方法は基本的に現金のみとなっていますが、唯一、ファミリーマートの収納代行ではファミマTカードが利用できます。

そのため、LINE PayへのチャージでもファミマTカードのクレジットカードポイントが貯まり、ポイントの二重取りが可能になります。

ファミマTカードは還元率0.5%ですが、ファミリーマートでは毎週火・土曜日は「カードの日」としてクレジットポイントが通常の2倍の還元率1.0%となります。

この方法を利用すると、LINE Payへのチャージで1.0%がTポイントとして貯まり、さらにLINE Payカードの利用で2.0%のポイントが還元され、合計3.0%のポイントが付与されます。

なお、コンビニでの収納代行と聞くとセブンイレブンでのnanaco利用が思い浮かびますが、残念ながらセブンイレブンはLINE Payのチャージに対応していません。

nanacoは現金より1%お得な電子マネー、税金の支払いでもポイントが貯まる

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人おすすめの電子マネーです。 使える場所の広さ、nanacoポイントの貯まりやすさ、またnanacoでしかできない税金の支払いなど、一般的な ...

続きを見る

サークルKサンクスは最近Tポイントに対応したため、将来的には同様のサービスが受けられかもしれませんが、今のところそうした対応は発表されていません。

Suicaのチャージにも利用でき、最大3.0%のポイント還元率

LINE Pay カードはモバイルSuicaのチャージに利用でき、チャージでも通常通りのポイント還元が受けられます。

Suicaチャージといえばビューカードでの1.5%還元が有名ですが、LINE Pay カードの還元率はそれを超えます。

ビューカードはSuicaチャージでポイントが3倍貯まる強い味方

ビューカードはJR東日本グループが発行するクレジットカードで、様々なカードラインナップが魅力のお得なカードです。 人気のビックカメラSuicaカードやルミネカードなど、お得に使う方法を見ていきましょう ...

続きを見る

ただし、ビューカード以外ではモバイルSuicaの年会費1,030円(税込)がかかってしまうため、Suicaの利用が年20万円を超えるという方は検討の余地があります。

また、Apple PayでのモバイルSuica利用であれば年会費がかからないため、LINE Payカードがお得となります。

Suica電子マネーの利用では、対象店舗においてさらにJRE POINTが貯まるため、ポイントの三重取りも可能になってきます。

電車だけじゃない、Suicaは現金より1.5%以上お得な電子マネー

  交通系電子マネーとして有名なSuicaは、他の交通系電子マネーとの相互互換で、利用シーンが多岐にわたります。 Suicaポイントも登場し、便利なだけでなくお得に使う方法も広がってきました ...

続きを見る

JREポイントとSuicaポイントが共通化、更に便利に

2017年12月より、 Suica ポイントがJRE POINTへ共通化されることが発表されました。 また、ビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントも、 2018 年度中に JRE POINT ...

続きを見る

まとめ:使いやすいプリペイドカードとして

過去の最大3.0%還元という驚異的な還元率こそなくなってしまいましたが、還元率0.5%はプリペイドカードとしてはまだまだ魅力的。

LINEとの相性の良さを活かしうまく活用したいところです。

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトで、日用品からギフトまで幅広い品揃えと、アスクル仕込の配達の速さと時間指定サービスに定評があります。 Yahoo!系列でソフトバンクユー ...

-クレジットカード, 電子マネー

Copyright© サラリーマンズギルド , 2020 AllRights Reserved.