節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード ネット銀行

都銀(みずほ・三菱東京UFJ・三井住友・りそな)デビットカード比較

更新日:

各銀行が普及に力を入れているデビットカード。VisaやJCBなどクレジットカードブランドとの提携でぐっと身近なものになりました。

Jデビットとの違いや、各社のサービスの違いを理解して、デビットカードをお得に使う方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

デビットカードとは

デビットカードは各銀行が発行している現金代わりの決済に使えるカードで、下記のような特徴があります。

  • 使ったその場で銀行の口座から引落しが完了し、現金感覚で使える。
  • カードが提携しているブランド(JCBやVisa)の加盟店にてクレジットカードと同様に使うことができる。
  • クレジットカードとは異なり申込みに審査が不要。
  • 不正利用補償やショッピング保険などの機能が付帯する。
  • キャッシュバックやポイント・マイルの還元なども受けられる。
  • 残高や利用履歴は、スマホのアプリや各銀行が提供する会員Webサイトで即時に確認することができる。

あくまで預金からの支払いのため使いすぎの心配がないこと、また審査がないことで学生や専業主婦等でも利用しやすいことが特徴です。

いまさら聞けないクレジットカードの基本、ポイントで損をしないための基礎知識

もしクレジットカードをまだ持っていないなら絶対に作りましょう、支払い額の1%程度をポイントやマイルで取り戻せます。 既に持っている人も、よく考えずに使っていると、実は知らない間に損をしているかも… 自 ...

続きを見る

Jデビットとの違い

VisaやJCBと提携したデビットカードが近年急速に普及していますが、もともと日本ではJデビットという決済の仕組みがありました。

Jデビットは、銀行等の金融期間が発行したキャッシュカードそのものを使って、買い物等の支払いを可能とする決済の仕組みですが、対応店舗が大手の量販店やデパート等に限られ、残念ながらあまり利用者が増えませんでした。

利用可能な店舗はJデビットの加盟店のみで、しかも名前の通り日本独自の仕組みであるため、対応店舗はかなり限られる上、基本的にインターネットでの支払いには利用できません。

VisaやJCBデビットカードの場合、カードの券面に必ずカードブランドのロゴが記載され、クレジットカードと同様に16桁のカード番号やカードの有効期限が記載ます。

券面の表記以外にも、クレジットカードの仕様に従った磁気ストライプやICチップ等が搭載され、仕組みとしては通常のクレジットカードと同じ決済インフラを利用します。

このため、クレジットカードに対応しているお店であれば、Jデビットのように店舗側が新たに決済の仕組みを導入する必要がなく、VisaやJCB加盟店すべてが対応店舗となり、海外やインターネットでも利用が可能です。

ただし、店舗側から見れば決済の手数料に差があるため、たとえばヨドバシカメラでは、Jデビットカードであれば現金と同じ10%のポイントが貯まりますが、VisaやJCBはクレジットカードと同じ扱いで8%となるなどの違いが有ります。

また、キャッシュバックやカードに付帯するショッピング保険などもJデビットには基本的にありません、違いを理解して上手に使い分けることでよりお得に使うことができます。

ちなみにネット銀行系はほとんどJデビット非対応のため、都市銀行の一つのメリットとも言えます。

ネット銀行(ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行)デビットカード比較

各銀行が普及に力を入れているデビットカード。VisaやJCBなどクレジットカードブランドとの提携でぐっと身近なものになりました。 ネット銀行ならではの各社のサービスの違いを理解して、デビットカードをお ...

続きを見る

都銀デビットカード一覧

4大都市銀行のデビットカードは下記の通りで、機能やキャッシュバックなどで各社違いを出しています。

銀行名 年会費 キャッシュバック
みずほ銀行デビットカードJCB 1,080円(税込)
年1回以上利用で無料
0.2%
三菱UFJ銀行デビットカードVisa 1,080円(税込)
初年度年無料、前年10万円以上利用で翌年無料
23歳以下無料
0.2%~0.6%
三井住友銀行 SMBCデビットカードVisa  無料  0.25%
りそな銀行 Visaデビットカード<オリジナル>・<JMB>  りそなVisaデビットカード<オリジナル> 500円+消費税
<JMB> 1,000円+消費税
いずれも初年度無料、年1回以上のショッピング利用で
500ポイントまたはマイル。25歳以下は無料
 0.5%
(ポイントまたはマイル)

率直なところ、年会費がかかるものが多く、キャッシュバック率も特段高いわけではありません。

一般的なサラリーマンであればクレジットカードが申し込みできますので、まずはクレジットカードの利用を検討しましょう。

クレジットカードは何枚持つべきか?限度と注意事項をまとめました

一般的なサラリーマンであれば、クレジットカードは1〜2枚は既にお持ちのことと思います。 ポイント還元や節約のためクレジットカードを活用しようとすると、どうしても多くのカードを持つことになります。 1〜 ...

続きを見る

それでもデビットカードを申し込みたい場合、ネット銀行系のデビットカードともよく比較することをお勧めします。

都銀(みずほ・三菱東京UFJ・三井住友・りそな)デビットカード比較

各銀行が普及に力を入れているデビットカード。VisaやJCBなどクレジットカードブランドとの提携でぐっと身近なものになりました。 Jデビットとの違いや、各社のサービスの違いを理解して、デビットカードを ...

続きを見る

みずほ銀行 みずほJCBデビット

「みずほJCBデビット」は、国内・海外のJCB加盟店で利用できるデビットカードです。

世界190の国と地域でJCBマークがある加盟店で利用できます。

年会費は1,080円(税込)、ただし「みずほJCBデビット」を年1回以上利用すれば無料。

利用金額の0.2%がキャッシュバックされるほか、「みずほJCBデビット」の利用でみずほマイレージクラブの特典(ATM時間外手数料が無料など)も付いてきます。

また、海外で「みずほJCBデビット」で購入された品物の破損や盗難などについて、購入日から90日間、年間最高100万円までの補償が受けられます。(カード利用額を限度とし、1事故につき免責として自己負担額1万円)

参考:みずほ銀行 みずほJCBデビット

三菱東京UFJ銀行 VISAデビット

三菱東京UFJ銀行 VISAデビットカードは、コンビニやスーパー、ネットショップなど、世界中のVisa加盟店で買い物ができます。

期間限定キャンペーンとして、入会翌月末までにWebから参加登録をした上で下記の条件を満たすと、新規入会特典として現金が貰えます。

  1. 入会後1ヵ月間の利用が3回以上で、500円プレゼント。
  2. さらに、1の利用金額が合計1万円(税込)以上で、1,000円プレゼント。

現在は終了していますが、一時期はポイントサイト経由でデビットカードを申し込むことで、2,000~4,000ポイントが貯まるキャンペーンを行っていましたので、申込時はポイントサイトをチェックすると良いでしょう。

【2019年版】最も稼げるポイントサイトは?50サイト超レビュー、目的別利用ガイド

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

続きを見る

通常年会費は1,080円(税込)、初年度および23歳以下は年会費が無料となり また前年10万円以上の利用があれば翌年の年会費も無料となります。。

キャッシュバックは基本の0.2%に加え、条件によって下記のキャッシュバック率が加算され、最大で0.6%となかなかの還元率です。

  • 入会後3ヵ月 +0.20%
  • 誕生月 +0.10%
  • 前年1年間の利用20万円以上 +0.05%
  • 前年1年間の利用30万円以上 で+0.10%

ショッピング保険として、購入した品物の破損・盗難などの損害について、年間100万円を限度に購入日より60日間補償。(自己負担額 5,000円/1事故あたり)。

不正利用補償として、偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、連絡日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について年間100万円を限度に補償が受けられます。

参考:三菱東京UFJ銀行 VISAデビット

ポイントサイト経由で申し込めばポイントが貯まる

三菱東京UFJ銀行のデビットカードは、カードの申込みが下記のようなポイントサイト経由で申し込めばポイントが貯まる場合があります。

当サイトが紹介しているおすすめポイントサイトから、会員登録+案件利用で最も多くのポイントが貰える*上位サイト一覧を比較します。

* 初回の会員登録で貰えるポイントと、10,000円利用時のポイントの合計、もしくはポイントが一定額貰える場合はその額との合計。

既に会員登録が済んでいる場合やリピーターの方はこちらから、還元率・還元額や最低交換額でポイントサイトを選ぶと良いでしょう。

ポイント還元率/額
(2019年11月12日時点)
ポイント獲得はこちらから
!ポイントが通帳に反映されない方はコチラ - げん玉
 
5,000pt
(500円相当)
会員登録後、初回利用で
5,250ポイント(525円相当)獲得。
会員登録で貰える250ptとの合計。
げん玉

ここから無料登録で250ポイント
楽天銀行「JCBデビットカード」 - GetMoney
 
3,000Pt
(300円相当)
会員登録後、初回利用で
3,000ポイント(300円相当)獲得。
GetMoney
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
ここから無料会員登録
既に会員登録が済んでいる場合やリピーターの方は、下記をクリックすると全案件一覧をチェックできます。
還元率・還元額や最低交換額をチェックし、あなたに適した最もお得なポイントサイトを選べます。

当サイトで紹介しているすべてのポイントサイトを、案件の還元額が最も高い順に一覧比較します。

既に会員登録が済んでいるポイントサイトなら、案件ページへのリンクが便利です。

ポイント還元率/額
(2019年11月12日時点)
ポイントサイト
三菱UFJ-VISAデビット - フルーツメール
 
5,400pt
(540円相当)
会員登録済みの方はこちら
フルーツメール
フルーツメール
ここから無料会員登録で500pt
!ポイントが通帳に反映されない方はコチラ - げん玉
 
5,000pt
(500円相当)
会員登録済みの方はこちら
げん玉

ここから無料登録で250ポイント
楽天銀行「JCBデビットカード」 - GetMoney
 
3,000Pt
(300円相当)
会員登録済みの方はこちら
GetMoney
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
ここから無料会員登録
※ ポイント還元率・額は当サイトが調査した時点のものを参考値として表示しています。ポイントサイトのメンテナンスやネットワークの状況によっては最新状況が変わったり、また正しく反映されない場合があり、当サイトがその内容に責任を持つものではありません。正確な還元率・額や達成条件はリンク先のサイトの内容をご確認ください。

三井住友銀行 SMBCデビットカード

SMBCデビットカードは、世界中のVisa加盟店で利用できます。

SMBCデビット入会日から、入会翌月末までに下記の条件を満たすと入会特典が貰えます。

  1. 入会月の翌月末までに3回以上買い物に利用すると、500円プレゼント。
  2. 入会月の翌月末までに5回以上、かつ合計5,000円以上の買い物に利用すると、抽選で50人に1人、入会月の翌月末までの利用金額の50%プレゼント。(端数切り上げ、上限10万円)

年会費は完全無料で、前月(1日~末日)までの利用金額の0.25%が、支払口座に自動でキャッシュバックされます。

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行のデビットカードは0.2%のキャッシュバックで年会費もかかるため、年会費無料で0.25%のSMBCデビットカードは優秀です。

また、2017年7月10日(月)より、タッチ機能(非接触IC決済機能)を搭載したSMBCデビットカードの取扱が開始し、タッチだけで支払ができる「iD」および「Visa payWave」と一体になった新カードが利用可能になります。

iDに対応したデビットカードは現在のところSMBCデビットカードのみで、三井住友銀行がデビットカードの普及に力を入れているのがわかります。

ショッピング保険として、SMBCデビットを海外で利用し購入し商品の破損・盗難などによる損害を、購入日および購入日の翌日から90日補償します。(自己負担額3,000円/1事故あたり)。

また不正利用補償として、偽造・盗難カードなどが第三者によって不正利用された場合、弊社が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について、年間100万円を限度に補償が受けられます。

参考:三井住友銀行 SMBCデビット(Visaデビット)

りそな銀行 Visaデビットカード

りそな銀行のりそなVisaデビットカードは、世界中のVisa加盟店で利用が可能です。

年会費はカードで異なり、りそなVisaデビットカード<オリジナル>は500円+消費税、りそなVisaデビットカード<JMB>は1,000円+消費税。

いずれも初年度は年会費無料で、年1回以上のショッピング利用で500ポイントまたはマイルが還元されます。

ショッピングの利用金額に応じて、200円ごとにJALのマイル1マイル、または1,000円ごとにりそなクラブポイント5ポイントが加算されます。

他の銀行のデビットカードでは0.2%程度のキャッシュバックが一般的で、ポイントまたはマイルの形ですが0.5%の高還元率となっています。

また、VisaデビットでJALグループ便航空券ご購入の場合、マイルが2倍になるなど、JALのマイルを貯めている方には相性の良いカードです。

フライト以外でもJALマイルをどんどん貯める方法

日常的に出張の多いサラリーマンの方は、マイルが貯まる機会も多いことでしょう。 フライトに乗る以外でもマイルを貯めたり、貯まったマイルをポイントや電子マネーに交換して活用の場を広げる方法も覚えておきまし ...

続きを見る

JALカードとJMB提携クレジットカードでマイルをお得に貯める

JAL便の利用が多くマイルを貯めているという方は、ぜひフライト以外でもマイルが貯まるJALカードを持つことを考えましょう。 JMB提携カードを含め、豊富なラインナップの中でどのカードを選ぶべきか、マイ ...

続きを見る

ショッピング保険として、購入した品物の破損・盗難などが対象で、年間最高50万円を限度に、購入日より90日間補償。(自己負担額5,000円/1事故あたり)

不正利用補償として、盗難・偽造カード等が第三者によって不正に利用された場合、発生した損害について、年間150万円を限度に補償されます。

参考:りそな銀行 りそなVisaデビットカード

ポイントサイト経由で申し込めばポイントが貯まるデビットカードも

デビットカードによっては、ポイントサイトを経由して申し込むとポイントが二重に貯まる場合があります。

都銀・地銀系は対象が限られていますが、ネット銀行系は口座開設やデビットカード申込みでポイントが貯まるケースが多く見られます。

できるだけ正確・最新の内容となるよう、ポイント還元率/額は毎日更新していますが、ポイント付与の条件等はリンク先のサイトをご確認ください。

対象サイトポイント還元率/額
(2019年11月12日時点)
おすすめポイントサイト
三菱東京UFJ銀行JCBデビットカード
詳しくはこちら
三菱UFJ-VISAデビット - フルーツメール
 
5,400pt
(540円相当)
会員登録済みの方はこちら
フルーツメール
フルーツメール
ここから無料会員登録で500pt
楽天銀行JCBデビットカード
詳しくはこちら
楽天銀行「JCBデビットカード」 - ポイントタウン
 
8,000pt
(400円相当)
会員登録済みの方はこちら
ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ここから無料会員登録
楽天銀行Visaデビットカード
詳しくはこちら
楽天銀行「Visaデビットカード」 - フルーツメール
 
3,750pt
(375円相当)
会員登録済みの方はこちら
フルーツメール
フルーツメール
ここから無料会員登録で500pt
HISワールドキャビットVisaカード(スルガ銀行)
詳しくはこちら
スルガ銀行 【HISワールドキャビット VISAデビッドカード】 - Pointier
 
250P
(250円相当)
会員登録済みの方はこちら
Pointier
Pointier
ここから無料会員登録

ポイントサイトについてはこちらにまとめてあります。

【2019年版】最も稼げるポイントサイトは?50サイト超レビュー、目的別利用ガイド

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

続きを見る

まとめ:使いすぎの心配がないカードとしての活用を

デビットカードは、クレジットカードと比べると還元率や付帯昨日の点でやや物足りなさが残ります。

一般的なサラリーマンであればクレジットカードを既に持っており、追加で年会費のかかるカードを申し込む利点はあまりありません。

ただし、口座の残高以上の使いすぎの心配がないこと、申込みに審査が不要で16歳ぐらいから利用が可能であることから、家族向けにサブカード的に用意して、キャッシュバックやポイント・マイルを貯める用途に適しています。

メリット・デメリットを上手く理解し、クレジットカードと組み合わせて賢く利用しましょう。

ポイントサイトは、ネットで使える共通ポイントカードのようなお得で便利な仕組みです。

リアル店舗での買い物なら、Tポイントやdポイントに代表される共通ポイントカードに対応している店舗が多数あり、ポイントカードを提示することでポイントが貯まります。

ネットでも同様に、各種ポイントサイトを経由して買い物をすることで、ポイントサイトに対応したショッピングサイトでポイントを貯めることができます。

各ショッピングサイト独自のポイントと、ポイントサイトでのポイントを二重に貯めることが可能なケースも多く、クレジットカードのポイントと合わせれば最大で三重取りも可能になります。

ポイントサイトにはショッピングやクレジットカード発行、ゲーム・アンケートなどの案件が掲載され、利用したユーザにスポンサー企業からの広告収入の一部がポイントとして還元されます。

獲得したポイントは、現金や楽天Edy等の電子マネー、Tポイント・楽天スーパーポイントなど主要な各種共通ポイント等に交換できます。

一般的なポイントサイトの利用手順は下記の通りです。

  1. まずは各社サイトで、対象商品の値段・送料・ポイント還元率を確認しましょう。
  2. ポイントサイトの前に、商品の値段と、送料が無料になる買物金額、各社のポイントが貯まる場合はその還元率もチェックし、最もおトクなショッピングサイトを選びましょう。
    価格.comなら、値段に加えて送料やポイント還元率も分かり便利です

  3. 上記リストから、ポイントを貯めたいポイントサイトのバナーやリンクをクリックして会員登録を行います。
  4. ポイントサイトの還元率の高さが基本の目安ですが、当サイトのバナーやリンクから会員登録を行うと紹介ポイントが貰える場合があり、トータルで最もお得なポイントサイトを選びましょう。
    また現金・マイル・電子マネーや他社ポイントなど、貯まったポイントを交換したい対象のレートも確認しておきましょう。

  5. ポイントサイトで各社の名前を検索、表示されるページ内のボタンをクリックして各社のサイトでショッピングを行います。
  6. ポイントサイトを経由してショッピングやサービスを利用することで、ポイントが貯まります。
    各ショッピングサイトのポイント還元がある場合は、ポイントサイトのポイントと二重でポイントが貯まります。
    支払いにクレジットカードやキャリア決済を利用すれば、さらにクレジットカードのポイントも貯まります。

ポイントサイトでの会員登録や検索の手順を正しく行わないとポイントが付与されない場合がありますので、注意しましょう。

また、iOS(iPhone/iPad)やMacでSafariを利用している方は、正しくポイントを獲得するためにはITPの設定を変えておく必要があります。

ポイントサイトでは、ショッピングやサービスの利用後、ポイントが付与されるまでに一定の期間(長ければ30日~90日程度)かかるため、すぐにポイントが使えるわけではありません。

できるだけ最新の内容となるよう、ポイント還元率/額は毎日更新していますが、当サイトの情報の正確性、および当サイトを利用する事によって生じた不利益または損害に対しての責任は負いかねます。ポイント付与の条件等はリンク先のサイトをご確認ください。

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

2019年現在、百花繚乱のポイントサイト、どのサイトが最も稼げるおすすめのポイントサイトなのでしょうか。 また、ポイントサイトは小遣い稼ぎの強力な味方の一方、安全性・信頼性の面で、おすすめできないサイ ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトで、日用品からギフトまで幅広い品揃えと、アスクル仕込の配達の速さと時間指定サービスに定評があります。 Yahoo!系列でソフトバンクユー ...

-クレジットカード, ネット銀行

Copyright© サラリーマンズギルド , 2019 AllRights Reserved.