節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード 電子マネー

iOS11でApple Payが便利に進化、国際規格対応は大きなメリットに

更新日:

iPhone8に続いて2017年9月に発表されたiOS11の内容には、Apple Payの嬉しい強化が含まれていました。

これまで国内ではiD、QUICPay、モバイルSuicaのサービスに対応していましたが、Type A/B決済にも対応。

iOS11でのApple Payのポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

iOS11でApple Payが進化

iPhone 8、iPhone 8PlusおよびiPhone Xの発表に併せてiOS11が発表されました。

ARへの対応などが目につく大型アップデートと言われていますが、その影でApple Payに地味ながら大きな進化が発表されています。

アップル公式ストアのポイントサイト還元率比較&更に得するテクニック

Apple(アップル)公式ストアは、iPhoneなどの人気製品をオンラインで送料無料で購入できます。 アップル公式ストアでは、ポイントサイトを経由して買い物をすればポイントを貯めることができます。

続きを見る

Apple Pay Cash

今回のアップデートではApple Pay Cashの対応が以前から予告されています。

Apple Pay Cashは、友達間の支払い(P2Pでの個人間送金)などに対応する仕組みで、LINE Pay等と同様のサービスです。

LINE Payカードは還元率2.0%の最強チャージ式プリペイドカード

LINE Payカードは、LINE Pay株式会社が発行するJCBブランドのチャージ式プリペイドカードです。 手数料や年会費がかからず、プリペイドカードなのに決済上限が100万円と高機能。 LINE ...

続きを見る

Walletに登録してあるクレジットカードやデビットカードを使って、メッセージで送金することができます。Siriでのに送金も可能なようです。

受け取った金額はApple Pay Cashアカウントに入金され、店舗やアプリケーション内でApple Payを使って買い物をしたり、銀行口座に振り替えることができます。

日本でのiPhoneのシェアを考えれば、導入されれば便利そうですが、当面は日本での導入は未定のようです。

参考:Apple iPhoneとiPadにパワフルな新機能を追加したiOS 11がこの秋、登場

FeliCaおよびType A/B非接触決済方式が国内・海外モデル問わず利用可能に

また、同じタイミングでiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone XおよびApple Watch Series 3以降のデバイスにおいて、国内外の販売を問わずFeliCa系サービス(iD、QUICPay、Suica)が利用可能となりました。

これにより、海外で買ったモデルを利用する日本人や、また海外から旅行で日本を訪れる観光客も、日本でApple Payを利用できる環境が整うことになります。

おサイフケータイ、Apple Pay、Android Payの違いとお得な活用方法

iPhone7の登場とともに、iPhoneユーザー待望のApple Payが利用可能になりました。 従来のおサイフケータイに加えAndroid payも登場し、ユーザの選択肢が増えるとともに利用が複雑 ...

続きを見る

また同様に、日本国内発行のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードをApple Payに登録し、NFC Type-A/Bの非接触決済サービスが利用可能となります。

具体的には、MasterCardのMasterCardコンタクトレスJCBブランドのJ/Speedyに対応となります。

Apple Payへの参加時期が定まっていないVisaのVisa payWaveはまだ対応していません。

iDとQUICPayの違いは何?

おサイフケータイやApple Payで使える電子マネー、iDとQUICPay。 両者の違いは何で、どちらを選べばよいのか比較してみました。 iDとQUICPayの違いをいくつかのポイントから見ていきま ...

続きを見る

クレジットカード各社の対応状況

現状、トヨタファイナンスがいち早くMasterCardコンタクトレスおよびJ/Speedyへの正式な対応をアナウンスしています。

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 plus、Apple Watch Series 3だけでなく、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 plus、Apple Watch Series 2も対応機種としてあげられています。

参考:TS3 Card Apple PayでJ/Speedy、およびMastercardコンタクトレスを提供開始

au WALLETクレジットカード・プリペイドカードも対応を謳っています。auでのiPhoneユーザーには嬉しいニュースです。

au WALLETクレジットカードはプリペイドカードと組み合わせて高還元率に

au WALLETクレジットカードは、auユーザ向けのWALLETポイントが貯まるクレジットカードです。 同じくKDDIグループが提供する「au WALLETプリペイドカード」や「じぶん銀行」との組み ...

続きを見る

au WALLETプリペイドカードはau契約者向けのお得なカード

KDDIグループが発行するau WALLETプリペイドカードは、au WALLETポイントが貯まる便利なプリペイドカードです。 利用シーンによっては、クレジットカードや電子マネーを凌ぐ還元率となります ...

続きを見る

ドコモのdカードは現状ではApple Payへの対応について正式なアナウンスはありません。

もともとおサイフケータイでiD/NFCとしてMasterCardコンタクトレスに対応するなど先進的な取り組みを見せていましたので、対応に期待したいところ。

dカードはdポイントがどんどん貯まるクレジットカード、ポイントサイト経由の発行で更にポイントが貰える

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、Visa/Mastercardのいずれかのブランドが選べます。 ドコモユーザーでなくても、ローソンが最大5%お得になる他、dポイントがどんどん貯まる脅威の ...

続きを見る

これまでMasterCardコンタクトレスやVisa payWaveなど、非接触決済方式に積極的なオリコカードの対応も待たれます。

高還元率のオリコカードザポイントは誰でもお得なお勧めクレジットカード

オリコカードは長瀬智也さんのCMでもおなじみ、最大手オリエントコーポレーションが発行するクレジットカード。 さまざまなカードラインナップの中でも、Orico Card THE POINT(オリコカード ...

続きを見る

まとめ:国内ユーザの海外利用に大きなメリット、オリンピックでのインバウンド需要も

カード会社各社の対応はまだ足並みが揃っていませんが、Apple Payの規格としてはこれまでの複雑な制限がほぼなくなり決済インフラとしての利用価値が高まりました。

国内では圧倒的なシェアを誇るiPhoneが海外での決済に利用できるとあって、海外旅行や出張で大きなメリットが享受できます。

また海外のクレジットカード・デビットカードが日本でもそのままモバイルSuicaや各種支払いに利用できるとあって、英語等観光客への対応が急がれます。

現状、Apple Payへの対応を見合わせているVisaもオリンピックに向けては前向きなコメントを出しており、今後のさらなる普及に弾みがついたと考えて良いでしょう。

 

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

50以上存在するポイントサイトを徹底比較、おすすめのポイントサイトを紹介します。 インターネットには多数のポイントサイトが存在し、2020年現在で50を超えるポイントサイトやポイントモールがあります。 ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトです。 日用品からギフトまで幅広い品揃えと、配達の速さと時間指定サービスが強み。 TポイントやPayPayボーナスが貯まるだけでなく、ポ ...

-クレジットカード, 電子マネー

Copyright© サラリーマンズギルド , 2020 AllRights Reserved.