節約、節税、小遣い稼ぎ。冒険したいサラリーマン達へ、お金と心の余裕を。

サラリーマンズギルド

クレジットカード

JCBは国内や人気エリアの海外旅行に強い国際クレジットカードブランド

更新日:

JCBは日本発の国際クレジットカードブランド。

VisaやMasterCard程ではありませんが、5大ブランドの1つとして、特に海外での日本人向けの手厚いサービスが魅力です。

JCBブランドの基礎知識を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テキスト

JCBはシェアは小さいが5大国際ブランドの1つ

JCBは世界シェア5位の国際クレジットカードブランド。

NILSON REPORT 2015によると、全世界のブランドごとの決裁金額(デビットカードを含む)ではAmerican Expressの3.21%に次いで、1.23%というシェアを持っています。

世界で見れば銀聯(Union Pay)にも抜かれ、世界中どこでも使えるかというとVisaやMasterCardのような万能感はありません。

ただし、一般にT&Eカードと呼ばれるくくりに分類され、そうでないVisaやMasterCardと単純に比較すべきではないでしょう。

特にハワイ、韓国、北米など、日本人の旅行客を対象とした、海外での日本人向けサービスは他にはない安心感があります。

JCBはいわゆるプロパーカードも発行していますが、各提携カード会社がJCBブランドの基本機能に独自のサービスを付加してカードを発行する型式もあります。

参考:JCB

カードの種類

JCBでは、クレジットカードに加えデビットカード、プリペイドカードも取り扱っています。

JCB クレジットカード

JCBのクレジットカードには下記の種類があります。

  • JCB一般カード
  • JCBゴールド

対応する提携カード会社は多く、国内ブランドもほとんどがJCBにも対応しています。

JCBカードとしての基本機能は変わりませんので、各カード会社が提供するサービスや、ポイント還元等を考慮してどのカードかを選ぶ形になります。

サラリーマンにおすすめのクレジットカードとその選び方

世の中に星の数ほどあるクレジットカード、自分にあったカードはどのように選べば良いのでしょうか。 サラリーマンの家計を楽にする、おすすめのクレジットカードと選び方のポイントをまとめました。

続きを見る

JCBデビットカード

デビットカードは性質上、プロパーカードはありません。

みずほ銀行・楽天銀行がJCBブランドのデビットカードを発行しています。

みずほ銀行デビットカードJCBは還元率0.2%と、お得度としてはやや低め。

都銀(みずほ・三菱東京UFJ・三井住友・りそな)デビットカード比較

各銀行が普及に力を入れているデビットカード。VisaやJCBなどクレジットカードブランドとの提携でぐっと身近なものになりました。 Jデビットとの違いや、各社のサービスの違いを理解して、デビットカードを ...

続きを見る

楽天銀行デビットカードJCBは年会費無料、また100円利用ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まり、楽天カードと同等の1%の還元率となっています。

ネット銀行(ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行)デビットカード比較

各銀行が普及に力を入れているデビットカード。VisaやJCBなどクレジットカードブランドとの提携でぐっと身近なものになりました。 ネット銀行ならではの各社のサービスの違いを理解して、デビットカードをお ...

続きを見る

JCB プリペイドカード

プリペイドカードとしては以下のものが発行されています。

クレジットカードと異なり審査が不要なことから、特に学生等の海外旅行や留学などで威力を発揮し、現地で現金やトラベラーズチェック代わりに使うことができます。

  • ANA JCBプリペイドカード

ANA JCBプリペイドカードでは、利用額に応じてキャッシュバックまたはマイル還元が受けられます。

還元率は0.5%で、年間のチャージの累積金額でのボーナスもあり、国内でも現金代わりに使うことでメリットが生まれます。

ANAマイレージクラブとお得なANAカードの選び方

ANAの利用が多くANAマイルを主に貯めているという方は、ANAカードを持つことも有力な選択肢の一つです。 豊富なラインナップの中でどのカードを選ぶべきか、マイルを効率的に貯める方法と併せてそれぞれ特 ...

続きを見る

QUICPay、J/SpeedyおよびApple Pay

JCBは、QUICPayおよびQUICPay+規格を推進しており、国内でのカード単体やおサイフケータイ・Apple Payでの非接決済サービスに対応しています。

便利でお得、QUICPayについて知っておくべきこと

Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー ...

続きを見る

2017/9/22追記 iOS11でのアップデートで、Apple PayでJ/Speedyも利用可能となりました。

参考:IT media Mobile iOS 11の「Apple Pay」は何が便利になったのか (2/3)

またTypeA/BのNFC決済に対応したJ/Speedy規格にも対応。

J/SpeedyはJCBのクレジットカードやおサイフケータイ・Apple Pay対応のスマートフォンを端末にかざすだけでショッピングができる決済サービス。

MasterCardコンタクトレス、Visa payWave等に相当する規格で、世界のJCB加盟店の(現状、一部)店舗で利用できます。

対応店舗についての情報があまりなく、展開はまだまだこれからといったところでしょうか。

利便性だけでなくセキュリティ面からも、こうした無線での方式の普及を期待したいところです。

参考:JCB 各種決済方法のご案内 J/Speedy

J/Secure

ネットでのJCBによる決裁では、ネットショッピングの決済時にコード(パスワード)による認証が追加されるJ/Secureという仕組みが利用可能です。

オンラインショッピングのサイトではクレジットカード番号と氏名、有効期限等を入力しますが、セキュリティコードも含め、すべてカード券面に印字されている情報のため、本人以外がカードまたはカード情報を持っていれば、決裁に利用できてしまう危険性があります。

いわゆる「3D(スリーディー)セキュア」の一種で、クレジットカードによるネットショッピングの決済時に、パスワードによる認証を追加することで本人認証を行って安全性を高めるサービスです。

ちなみに、3Dとは「3 domains」のことで、3次元の意味ではなく、イシュアがカード会社を、アクワイアラが加盟店を認証し、相互運用ドメインが取り引きを仲介することを表しています。

決裁時にパスワードが正しく入力されない限り決済自体が行われないため、加盟店やクレジットカード会社・カード所有者本人は、カード番号などの盗用による不正使用被害から守られます。

参考:JCB 本人認証サービス「J/Secure(TM)」

 まとめ:国内および海外旅行利用者におすすめできるブランド

JCBは単純なシェアではVisaやMasterCardに及びませんが、加盟店でのサービスには定評がありおすすめです。

特にハワイ、韓国、北米と行った普及度の高い地域では、VisaやMasterCardに組み合わせて1枚は持っておくと便利なカード。

毎年実施のディズニーチケットが当たるお得なキャンペーンなどもあり、JCBでできることを理解して上手に活用しましょう。

 

テキスト

テキスト

おすすめ記事

1

まだネットでのお小遣い稼ぎを試したことがないという方へ、まずは実際に1時間で1000円分のポイントを手に入れてみませんか? 意外なほど簡単に、ちょっとしたお金が手に入ります。 ネットで節約や小遣い稼ぎ ...

2

50以上存在するポイントサイトを徹底比較、おすすめのポイントサイトを紹介します。 インターネットには多数のポイントサイトが存在し、2020年現在で50を超えるポイントサイトやポイントモールがあります。 ...

3

いわゆるフィンテックの一つとして、自動家計簿アプリが普及し始めました。 スマホの普及と相まって、これまで今ひとつ管理の難しかった電子マネーやクレジットカードと組み合わせて、家計簿が文字通りほとんど自動 ...

4

ネットの本屋として始まったAmazonは、いまやほとんどの日用品や医薬品、電化製品等を購入できる最大手の総合ネットショッピングサイトとなりました。 利用したことがない人のほうが少ないAmazonですが ...

5

LOHACO(ロハコ)はアスクルが運営する総合ショッピングサイトです。 日用品からギフトまで幅広い品揃えと、配達の速さと時間指定サービスが強み。 TポイントやPayPayボーナスが貯まるだけでなく、ポ ...

-クレジットカード

Copyright© サラリーマンズギルド , 2020 AllRights Reserved.